新潟県ヤングクラブバレーボール連盟本文へジャンプ

ヤングクラブバレーボールとは

ヤングクラブバレーボールとは、選手の強化および底辺拡大を目的とし、概ね新潟県協会各支部ごとに
中学校・高校といった学校の枠をなくし、中学生・高校生を対象に地域でチームを編成し地域単位で活動を行っていきます。
したがって、単一学校の児童生徒のみでのチーム編成は許されません。

チームの種別として、
 U−14(4月1日現在14才以下の選手だけで編成するチーム)
 U−19(4月1日現在19才以下の選手だけで編成するチーム)
の2種別あります。

また、交流大会においては、各種別とも
 競技型(U−14ではネットの高さは高校の高さでボールは5号球)
 生涯型(U−14ではネットの高さは中学の高さでボールは4号球)
の2つの型に分けて競技が行われることが多いです。

まだ発展途上であるため競技会・交流大会はあまり多く開催されておりませんが、

 毎年7月に             全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会新潟県予選会
 毎年7月〜8月に          新潟県U14クラブチャンピオンシップ男子バレーボール大会
 毎年8月に             北信越U14クラブチャンピオンシップ男子バレーボール大会
 毎年9月に大阪市・門真市で  全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会
 毎年12月に上越市で       新潟県ヤングバレーボールクラブ交流大会


が開催されております。

「U14クラブチャンピオンシップ男子バレーボール大会」とは、特に中学生の男子バレーボーラーの底辺拡大のために行われるもので、学校としての参加でなければ同一中学校の生徒でのチーム編成が可能です。


これらの大会を目指し、新潟県下各地域でヤングバレーボールクラブが組織され、活動を行っております。
参加を希望する選手は各地区の指導者にお問い合わせください。